予防接種について
予防接種について
未分類 | 01月08日更新

子供が受ける予防接種の種類について

子供はいくつもの予防接種を受けなければなりません。生後間もない赤ちゃんの頃から予防接種が始まります。
赤ちゃんの誕生を控えているご夫婦は、どのような予防接種があるのか把握しておくと良いでしょう。
生後2カ月頃から受けられるのがB型肝炎ワクチンやヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンです。さらに生後3カ月からは不活化ポリオワクチンを接種します。最近ではロタウイルスワクチンの接種も始まっていますが、注射"

" 続きを読む

未分類 | 01月08日更新

赤ちゃんの予防接種はよく調べよう

生後一年の間に赤ちゃんが受ける予防接種は、かなりの数と種類があります。特に生後六ヶ月までにやらなければならない予防接種は、自治体で日時指定の集団接種になっている予防接種もあったりして、予定を組むのが大変です。ワクチンには毒性が弱められた生ワクチンと、毒性のない不活化ワクチンがありますが、生ワクチンの場合、次に他のワクチンを接種するまでに四週間ほどの間隔を空けなくてはなりません。不活化ワクチンの場合

続きを読む

未分類 | 01月08日更新

赤ちゃんに必要な予防接種

小さな赤ちゃんは、当然のことながら病気に対する免疫を持っていません。
生まれた直後は、お母さんからもらった免疫が体内に残っているため、様々な病気にかかりにくいとされています。ところがこの免疫は永遠ではなく、時間とともに徐々に減っていってしまうのです。
このため、赤ちゃんには多くの予防接種が必要となるのです。最近では赤ちゃんにとって危険とされる病気も増えてきており、予防接種の数もかなり多くなっていま"

" 続きを読む

未分類 | 01月08日更新

決められた予防接種は必ず摂取する

赤ちゃんが生まれると、予防接種をうつことが義務づけられています。はしかとか、三種混合とか、いろいろな予防接種がありますがそれが何か月で受けるもの、何歳になってから何回うけたほうがいいとか、いろいろ母子手帳に書かれています。赤ちゃんのときは免疫力が弱いのでさまざまな病気に対する抵抗力が弱いです、ですから、病気に罹るまえに予防摂取をやったほうがいいという考え方から摂取に時期が決められているのです。予防

続きを読む

未分類 | 01月08日更新

予防接種を受ける際の注意点

予防接種を受ける場合、最寄りの総合病院や保健所などで感染症の予防のために各種の予防接種に関する申し込みを行います。基本的にB型肝炎などの大きな感染症の病気の予防接種は、乳幼児の時期までに必ず1回は行っておきます。BCGなどは、小学校までに強制的に接種する事になっています。インフルエンザや日本脳炎などの季節毎に感染する可能性がある感染症の予防接種は、基本的に流行する前に受けておくと感染症にかかるリス

続きを読む

top